司法書士の知識を身につけ、法律問題を解決していく

司法書士になるための学習専門的なものの勉強法

試験の勉強方法

司法書士の勉強方法といえば、専門学校へ通うという方法が一般的でしたが、現在では通信講座で勉強をする受験生が多くなっています。ここでは通信講座を受けるメリットなどをご紹介します

法律手続きを理解する

成年後見制度とはどういったものでしょうか

成年後見制度とは精神上の障害により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように、その方を援助する人をつける制度です。精神上の障害とは知的障害、精神障害、痴呆などを指します。 痴呆のある高齢者を狙った悪質な訪問販売が摘発された事件もありました。しかし摘発されるケースは稀です。高齢者自らが契約書に署名捺印している場合などは合意の上での売買だと主張されます。このような被害から障害者を守る必要があるのです。成年後見人をつけていれば、このような契約は無効にできます。 だからと言って、成年後見人を付けた障害者が自由を奪われる訳では決してありません。日常生活での買い物などは自分の意志で行うことができます。 逆に悪質な後見人に障害者の財産を奪われることがないようにするためにも、成年後見人としてふさわしいか審査が必要になるのです。

手続きは弁護士を通すことでトラブル回避

成年後見の手続きは、まず家庭裁判所に成年後見の申立をしなければなりません。 申立書、申立人と障害者本人の戸籍謄本、診断書などが必要です。その後、両人を呼んで事情調査が行われます。場合によっては精神鑑定が行われることもあります。これらの手続き経て、成年後見人として選任されると、法務局にその旨が登記され成年後見が開始されます。申立書類は管轄の家庭裁判所でもらえます。自分で記入することも出来ますが、手続きに不安があるようでしたら弁護士に相談するほうがいいでしょう。 又、手続きの不安以外の理由からも弁護士に依頼することをお勧めします。それは親族間のトラブル回避のためです。財産の管理も含まれているため親族間でもめることもあります。そのような不安があれば弁護士を通して話をしてもらった方が安心です。

資格取得に向けて

衛生管理者の資格を取得すると、多くの企業から求められる人材になれます。ここでは、国家資格を取得するメリットや資格取得へ向けての勉強方法についてご紹介していきます。

保育士になる方法

保育士の資格は、衛生管理と同じく国家試験となります。資格取得に向けて様々な方法があり、専門学校、通信教育などがあります。ここではそれぞれのメリットについてご紹介します。

自分に合った勉強法

社労士の資格や、弁護士の資格を取得する際に、まず決めておかなければならない事は、勉強方法です。通信講座、専門学校等、様々な方法があるので、自分に合った勉強法を見つける必要があります